菌のホント002

2015/06/14

人類は38億年以上前の細菌から進化した

 

地球は約48億年前に太陽の惑星として誕生した。約38億年前には原核細胞である嫌気性細菌が誕生し、その後酸素を生産する光合成細菌、真核生物、酵母、多核生物、多細胞生物から脊髄動物、両性類、爬虫類、始祖鳥、哺乳類、人類と進化していくが、実は嫌気性細菌と人類の遺伝子はまったく同じ塩基からつくられている。